Step1,2 奥穂高岳

秋の紅葉シーズンは、見頃と混雑がセットになっていてタイミングが難しい。

遠くに行くとなると交通費が気になるところ、当初2名の計画であったが、急遽お友達が入会したいと!

初回で奥穂になるわけですが、ダメ元でメンバーみんなに了解いただくことで参加が決まりました。

計画は、上高地に一番のタクシーで入り徳沢にテントをデポ、このテントが保険のようなもの、下山時に一泊して翌朝は、混雑しないうちに帰る目的。それと往路でダメと判断した時に戻る場所の意味合いで徳沢にテント。

持ち物は最小限、お金で解決できることはお金で解決する、とにかく軽量化です。

1日目は、上高地を6時前に出発、徳沢で 張ったり、涸沢で1時間ランチをして15時半に穂高岳山荘着

のんびり夕日を見ながらストレッチをしました。

2日目は、山頂往復して徳沢までです。前日よりさらに荷物を減らしいてもらい山頂を目指します。

青空とまではいかないものの槍、中央アルプスも見渡せる天気、写真を撮ったり、来年の目標ジャンダルムに藻いをはせ山頂を後にしました。

涸沢でランチの予定が、あまりの混雑に閉口、牛丼モードになっていたトモさんには申し訳ないが、もう少し下りお昼にしました。

徳沢着15時35分、皆さんマイテントを張り、今日の行動は終わり。

翌日は、6時20分出発、上高地ビジターセンターを見学混雑することなく沢渡へタクシードライバーのおばちゃん、先週は小梨平まで列が伸び今日も稼ぐぞという感じでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

次の記事

地図読み 机上