前武尊東尾根~十二沢 山スキー

2021年1月23日

昼過ぎから天気が悪くなるということで早めの出発、朝7時からリフトに乗れるファストパストラックチケットを利用することにする。

リフト1本半分ゲレンデを歩くことになるが、整備されているので歩きやすい。

第6リフトから上は、山に入ることになるがトレースがしっかり残っている。気温が高かったせいで

トレースは、凍っていてシールの利きが悪い、トレースを使ったり外したりを繰り返し2時間足らずで

前武尊岳に到着、日本武尊像が出迎えてくれた。

天気曇り、ここから滑る訳だが、パウダーとは程遠いクラスト&モナカ 踏み込むと表面の層が割れて沈むので

曲がらない、曲がらない。標高が変わればどこかでいい雪にあたることを夢見るが、十二沢に入ってからも同じ、

上手く滑るより、転ばず、木に激突しないように林道の橋まで下りました。

林道はシールを付け ゲレンデを快適に滑り予定通り昼前に駐車場に着きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

赤岩尾根

次の記事

裏妙義 丁須の頭