『一歩踏み出しトライ!』

『一緒にスキルアップ!』

『自分の力で登りましょう!』

Be One Mountain Clubは、プロガイド、スポーツコーチ資格者、カメラメーカーOB写真専門家が 正しい登山の普及、会員の自立、発展と遭難防止、写真文化の向上を図ることを目的として埼玉県山岳・スポーツクライミング協会所属の山岳会として設立されました。

これから始めたいスキルアップをしたいという人を対象にプロガイド、スポーツ指導者が気兼ねせずに学んでいただきたいとの願いが込められています。
登山活動を中心としたマウンテンクラブ、山岳写真を楽しむフォトサークルの2部門から成り立ち両方の活動に参加できます。
山岳会+スクール(登山教室)という新しいスタイルにしたのは、同じ環境で学んでいただくことにより、価値観や感覚の隔たりが少なく仲間を作りやすい、気兼ねせず楽しんで学べるのではないか、そのように考えたからです。

山の技術を習得するためには、大きく3つのアプローチがあります。
1、山岳会に入り先輩から教わる
2、プロガイドの講習を受ける
3、独学で覚える。

山岳会の場合、料金が発生しない分、先輩後輩などの人間関係や体系的な教育プログラムが確立されていないケースが多くまた、指導者によるバラつきが大きい特徴があります。
プロガイドに依頼する場合、技術的にもホスピタリティー的にも優れていますが、ガイド自身の生活が懸かっているという背景があります。顧客囲い込みの為に親切丁寧に対応してくれる反面費用が高額となり自立し辛い面があります。
独学の場合、一見して安く思えるかもしれませんが、リスクに加え装備のアンマッチ等、とロスが多くなる傾向があります。
楽しく安全な山登りをするためには、3つのポイントがあります。

1、信頼のおけるリーダー
2、技術、体力レベルに合った登山計画
3、レベル、価値観、気の合う仲間

目的意識、価値観が共有された仲間と出会えます。
参加者が自立することを目的していますのでリスクを理解して参加することが求められます。
山岳保険はもちろんの事、ココヘリ(捜索サービス)への加入、冬山ではビーコン、プローブ、スコップの携行を義務付けしています。
ぜひBe One Mountain Clubで安全で楽しい山登りを目指してください。

Be One Mountain Club代表 河地 尚志